いのち華やぐ詩をつづろう

読書や音楽、また日々の雑感などを中心としたブログです。

【きのうきょう】『楽園のカンヴァス』を読み始める

 このところ、数冊集中して精神疾患に関する本を読んでいたが、今日からは違ったテイストのものを読みたいと思い、3年間Kindleに収めたままだった『楽園のカンヴァス』(原田マハ)を読むことにした。

 

楽園のカンヴァス (新潮文庫)

楽園のカンヴァス (新潮文庫)

 

 

 カバーに採用されているのは、アンリ・ルソーの『夢』だ。この作品を日本で展示することを巡っての展開が予想される。しかしながら、まだ第一章を読み終えたばかりなので、内容についてこれ以上触れるのは差し控えておく。Kindleの計算では読了まであと4時間半はかかるそうなので、楽しむ時間はたっぷりありそうだ。ちなみに、原田作品では初めて読むものになる。

 本作は全11章構成なので、270分÷11=約23分と、一章平均23分という計算になる。一日二時間を読書に当てれば、11÷4=約3日で読了できる計算になる。金曜日が通院のため、二時間当てることが難しくなるかもしれないが、週末までには読み終えることができそうなので、他にも読みさしのものがあるが、このまま本作の読了を目指すことにする。

 今回も短いですが、以上とさせていただきます。お読みいただき、ありがとうございました。